化粧品・健康食品の OEM 製造メーカー株式会社 Held
お問い合わせ
東京本社
03-5840-8435
大阪支社
06-6942-2532

ホーム >  社員ブログ > 暑い夏を乗り切るための予防法

暑い夏を乗り切るための予防法

2021.08.10

連日30度を超える日が続き熱中症に関するニュースを目にすることも増えてきました。

この暑さの中でも、懸命にプレイしているオリンピックの選手の方々の姿には胸を打たれますが、さすがに競技開始時間の調整をする項目もあるようです。
 

熱中症は命にかかわる病気ですが、予防法を知っていれば防ぐことができます。
熱中症を防ぐためには、日々の生活の中で次のようなことに気をつけましょう。
 

「暑さを避ける」
室内では、換気を確保しつつエアコンの温度設定をこまめに調整しましょう。
暑い日や暑い時間帯の外出を避け、少しでも体調に異変を感じたら、涼しい場所に移動し水分を補給しましょう。
 

「こまめな水分補給」
のどが渇く前に、こまめに水分を補給するようにしましょう。
たくさん汗をかいたときは、スポーツドリンクや塩あめなどで塩分も補給することが大事です。
 

「暑さに備えた体作り」
意外と疎かになりがちですが、熱中症の発生には、その日の体調が影響するため注意が必要です。
前の晩に深酒をしたり、朝食を抜いたりした状態で暑い環境に行くのは避けましょう。
 

一方で、新型コロナウイルスの感染を防ぐために、「身体的距離の確保」、「マスクの着用」、「3密(密集、密接、密閉)を避ける」といった「新たな生活様式」を実践することも求められています。
 

気温・湿度の高い中でマスクをすると熱中症のリスクが高くなるため、屋外で人と十分な距離(2m以上)が確保できる場合は、マスクをはずしましょう。
マスクを着用しているときは、負荷のかかる作業や運動を避け、周囲の人との距離を十分にとったうえで、適宜マスクをはずして休憩をとるようにしましょう。
 

熱中症は自分でも気がつかないうちになってしまう場合があります。
家族や友人など、周りの人とも水分補給や休息をとるように声をかけ合うことが、命を守るための大切なコミュニケーションになります。
熱中症の予防や対策に備えながら、暑い夏を乗り切りましょう。

ブログトップへ
取扱商材事例