化粧品・健康食品のOEM製造メーカー株式会社Held

LANGUAGELANGUAGE
JAPANESECHINESEKOREAN

取扱原料MATERIAL

ホーム > 取扱原料 > マイクロクラスターHD

マイクロクラスターHD

圧倒的な水素発生量で驚異の還元力!!

  • 我々の体内では生命を維持するためにエネルギーを産生しています。
    しかしエネルギー産生の副産物として活性酸素が生じ、
    これが老化や様々な病気の原因になることが知られています。
    水素はこれらの悪玉活性酸素と反応し無毒化する働きを持つことから、
    健康・美容素材として注目が高まっています。
    しかし分子が非常に小さく、すぐに空気中へと拡散してしまうため
    扱うことが難しいという点もありました。
    マイクロクラスターHDはフラナガン博士の長年の研究開発により
    水素をシリカに吸蔵させた食品原料です。
  • マイクロクラスターHDのイメージ

水素発生原料 マイクロクラスターHDとは?

マイクロクラスターHDの原料は、ナノレベルのシリカと微量ミネラルを配合したパウダーですクエン酸カリウム・炭酸カリウム・二酸化ケイ素(シリカ)・硫酸マグネシウムの4つから構成されており、 水に触れると水素を発生させる抗酸化剤です。

マイクロクラスターHDが優れた抗酸化物質である4つのワケ

(1) 体の隅々まで届く

水素は分子量が2と大変小さく、血液に乗るなどして容易に体の隅々まで行き届きます。
たとえば脳は余計な物質が入らないようにシャットアウトする作りになっているため、
抗酸化物質でもシャットアウトされてしまうものが多くあります。
しかし水素は脳にも入ることができ、脳機能維持などに注目されています。

水素分子のイメージ
(2) 自らが酸化物にならない

ほとんどの抗酸化成分は、自らが酸化されることで周囲の細胞などを酸化から守っています。
身代わりになって酸化物となってしまったものも増えてくると体には良くありません。
一方、水素は悪玉活性酸素を選んで反応し無毒の水へと変わるため安心です。
また反応しないで体に残った水素は次第に外へと抜けていきます。

(3) 悪玉活性酸素に反応

活性酸素には健康維持に役立つ善玉と、害を与える悪玉があります。
善玉活性酸素も増えすぎると酸化力の強い活性酸素へと次々に姿を変えていきます。
水素は特に酸化力の強い「ヒドロキシラジカル」によく反応します。

活性酸素のイメージ

マイクロクラスターHD還元力のデータ

マイクロクラスターHD還元力のデータのイメージマイクロクラスターHD還元力のデータのイメージ

圧倒的なORP値 -950mV

※マイクロクラスターHDは10(w/v)%の濃度の時の値
※OPR(酸化還元電位)とは、感化還元状態を表す数値。酸化状態ではプラスになり、還元状態ではマイナスの値になります。

豊富な溶存水素量 1.608ppm

※マイクロクラスターHD2.2gを水220ccに溶解させ、30分後の値
※溶存水素量とは、その液体の中の水素がどれだけ溶け込んでいるかを表す数値。水に含有できる水素量は1.6~1.7ppmが限界と言われています。
マイクロクラスターHD水素は、限界値に近い溶存水素量を実現、豊富な水素溶存・発生する原料です。

マイクロクラスターHD実験結果

◆マイクロクラスターHDの最大酸化還元電位(ORP)値測定
マイクロクラスターHD実験結果のイメージ01マイクロクラスターHD実験結果のイメージ01

【測定条件】・マイクロクラスターHD5%(W/V)濃度でミネラル水に懸濁させ測定 ・気温約24度/湿度54% ・酸化還元電位測定器にて計測

最大-990mVもの酸化還元電位値を示しました!
◆マイクロクラスターHDの最大酸化還元電位(ORP)値測定試験
マイクロクラスターHD実験結果のイメージ02マイクロクラスターHD実験結果のイメージ02

【測定条件】・マイクロクラスターHD5%(W/V)濃度でミネラル水に懸濁させ測定 ・気温約23~26度/湿度60~70% ・酸化還元電位測定器にて計測

6時間を経過しても、優れた還元力を持続!マイクロクラスターHDの酸化還元電位(ORP値)の時間推移
◆マイクロクラスターHDから発生した水素の透過実験還元電位(ORP)値測定試験
マイクロクラスターHD実験結果のイメージ03マイクロクラスターHD実験結果のイメージ03
地球上で一番小さな物質である水素はポリ袋やトマトの細胞壁も透過
⇒細胞の隅々まで水素が透過し抗酸化作用を発揮してくれる。

マイクロクラスターHD原料の優れたスペック

  • 1抗酸機能
  • 2細胞死防御効果
  • 3美白効果
  • 4美肌効果
  • 5抗シワ効果
  • 6セルライト抑制
マイクロクラスターHD原料の優れたスペックのイメージマイクロクラスターHD原料の優れたスペックのイメージ

マイクロクラスターHD原料の優れたスペック

マイクロクラスターHDは、アメリカのパトリック・フラナガン博士によって開発され、特許を持つ水素発生原料です。フラナガン博士は、若々しく長寿の人が多いフンザ族が住むヒマラヤ地域に注目し、彼らの飲み水に「水素化シリカ」と呼ばれるマイナス水素イオンで満ちたミネラルが豊富であることを突き止め、30年の歳月をかけて同じタイプのシリカを開発。そこに水素を吸蔵させたものが「マイクロクラスターHD」です。このマイクロクラスターHDが、体内の水分と反応すると、膨大な量の水素を発生させ、強力な抗酸化力を発揮し、健康の維持に役立ちます。

開発者 パトリック・フラナガン博士
開発者 パトリック・フラナガン博士

1944年 アメリカ合衆国オクラホマ州で生まれる
1955年 「誘導ミサイル探知機」開発
1958年 「ニューロフォン」開発
1962年 雑誌「ライフ」で最も潜在能力のある科学者10人に選定される
1983年 フンザの水の再現「クリスタルエナジー」を開発
1994年 マイクロクラスターテクノロジーでノーベル賞ノミネート
1997年 水素を含有した241番目のシリカ「マイクロクラスターHD」を開発

研究情報

◆水素水のヒトにおけるメタボリック症候群の予防

メタボリック症候群の被験者に水素水を1.5-2リットル/日、8週間摂取させた結果、抗酸化酵素(SOD)は39%上昇し、活性酸素によって生成する尿中のチオバルビツール酸反応性物質は43%減少した。
更に4週目の血中のHDL-コレステロール(善玉コレステロール)は8%上昇し、総コレステロール/HDL-コレステロール比は13%減少した。

詳しくはこちら
◆水素水のマウスにおける認知機能の低下予防作用

身体拘束によってストレスを受けたマウスは、脳内の酸化ストレスが亢進し、学習・記憶の認知機能が低下した。
水素を飽和させた水素水を自由摂取させたところ、海馬細胞の障害が低減し、改善効果が認められた。

詳しくはこちら
◆水素ガス吸引による心筋虚血—再還流傷害の軽減作用

水素ガスの吸引により、脳や肝臓の虚血—再還流傷害による梗塞量が減少することが動物実験で明らかにされ、医療でもこれらに有用な治療法として期待される。

詳しくはこちら
卸・OEM・PB承ります お気軽にお問い合わせください

当サイトの内容、テキスト、画像などの無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、まとめサイトへの引用を厳禁いたします。
転用・転載された場合の責任は一切負いかねますのでご注意ください。